●アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器

補聴器・集音器

“鼓膜”の近くで音が出る新方式タイプ。高度難聴対応の豊かな音量でこの快適さ!

アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器:サムネイル画像私は生まれつき片方の耳の鼓膜がなく、鼓膜再生手術をしましたが、結局聴力は回復しませんでした。今から50年以上前の頃でしたし、手術したのは街の普通の耳鼻科でした。当然麻酔も部分麻酔でしたから耳の後ろをパカっと開け、ノミで骨をガンガン削ってるのも解りました。首筋に血がツーっと流れてくるのも感じました。なにしろ耳部分だけしか麻酔してないから意識ははっきりしてましたからねえ。
最近知ったのですが、手足をベッドに縛り付けるのは麻酔が切れたときに暴れないためだったそうな。なんか、当時は麻酔薬は非常に高価だったから長時間は無理だったそうな。今思うと恐ろしいですわな。ただ、今では全身麻酔で耳穴から手術できるので非常に負担が軽いそうです。
とまあ、自分の話ばかりしていまいましたが、この高性能補聴器ぜひ試してみたいと思ってとりあげてみました。

【参考】ショップコメント
一般的な耳かけ型補聴器は、本体で増幅された音がチューブの穴を通って鼓膜に届きます。この「外耳道レシーバー式」は鼓膜の近くにスピーカーがあるため音が鼓膜にスムーズに届き、聞こえが明瞭。
またマイクとスピーカーが離れるため一層ピーピー音が起こりにくくなっています。さらに、1秒間に2万回も言葉を分析する『チャネルフリー方式』を採用。例えば「け」と「れ」の違いもはっきり聞き取れるんです。横から見てもほとんど耳に隠れる小型サイズで、着けているのを忘れるほどの軽量さ。スイス・大手メーカー製の先進デジタル補聴器『アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器』。ぜひ、ご検討ください。

【アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器 特徴】
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器
【2つを組み合わせた新型補聴器】
外耳道レシーバー + チャネルフリー方式
【目立たない外見】
横から見てもほとんど耳に隠れるほど目立たず、超軽量だから軽い着け心地で快適♪

【アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器 本体構造】
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器:本体構造
【本体構造】
*チューブ
*集音マイク
*電池室
*ボリュームボタン
音量はプッシュ式で簡単に調節OK(3段階)

【アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器 方式1】
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器:鼓膜の近くで音が出る
外耳道レシーバー式:鼓膜の近くで音が出る
普通の耳掛け型補聴器とは違い、「外耳道レシーバー式」は鼓膜の近くにスピーカーがあるため音が鼓膜にスムーズに届き、聞こえが明瞭。しかも、従来機より一層ピーピー音(ハウリング)が起こりにくくなっています。高度難聴まで対応する豊かな音量でこの快適さは画期的です。

【アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器 方式2】
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器:なめらかな増幅で自然な聞こえ
チャネルフリー方式:「け」と「れ」の違いもハッキリと
*ゲインカーブ:なめらかな増幅で自然な聞こえ
音域を細かく区切って増幅するチャネル式でさえ音質は硬め。本品はチャネルフリーで声の音域を中心になめらかに増幅するため音質が柔らかく、会話や歌がより明瞭に聞こえます。
*正確な再現性:原音を正確に増幅、聞き取りやすい
「イー」と発音したときの声紋が上のグラフ。本品のチャネルフリーでは、ほぼそのままに増幅されています。発音に忠実な聞こえにより言葉が聞き取りやすくなります。*ピー音を常に抑える自動ハウリング抑制機能

*食器の当たる音や突然の大音を瞬時に抑える騒音抑制機能
*電池長持ち、1個で約138時間
*電池が少なくなったらピピピ音でお知らせ

【アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器 セット内容】
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器:セット内容

【アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器 取扱店】
下の画像やリンクから日本直販オンラインの該当頁に行けます。どうぞご覧ください。
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器
アクトス外耳道レシーバー式デジタル補聴器  在庫切れの場合。
以下の画像からショップの頁へ行けます。  

日本直販オンライン